0 of 0 votes

芽生え始めた市場 - ワイヤレスイヤホンの勢い
著者: Kenichi Kiyozaki - 2017-05-25 21:16:58.0

ワイヤレスイヤホンは、一部のスマートホンメーカーが、長い間使用されてきた3.5mm のヘッドホンジャックを、最新の製品ラインアップに取り付けないという大胆な行動に出る前に、本格化する勢いです。驚くべきことに、しかし時間の経過とともに妥当で正しいステップだと思いますが、小型で高性能な超低消費電力のオーディオプロセッサの開発のおかげで実現可能となったワイヤレスイヤホンへの移行が急速に浸透しそうです。このような消費者向けの高性能のオーディオ技術製品は、「すべて移動中に行う」という私たちの超便利なライフスタイルをサポートするための、理にかなったうってつけのアクセサリです。

 

ワイヤレスイヤホン市場が急成長に向かっているという考え方は、Marketsandmarketsのような調査会社を含む多くの調査データで裏付けられており、同社はこの業界が2022年までに540億米国ドルに達すると予測しています。この将来の成長の大半はスマートフォンおよびその他のポータブル・デバイス市場とリンクしており、最大の成長分野はホームオーディオからポータブル・コンシューマ市場へ移行しつつあります。

通常、ワイヤレスイヤホンはブルートゥースを使用しており、ハンズフリーの通話のために長い間使用されています。しかし、消費者はますます洗練されてきて、モバイルのオーディオ体験に、より多くのことを期待しています。そのひとつとして考えられるのが、ノイズキャンセルや重低音強化などの機能を備えた現在販売されている一部の超高音質の有線ヘッドホンです。多くのユーザーは、好きなアーティストの作品を正当に評価できるオーディオ体験のために、大型の有線ヘッドホンを容認しています。したがって、ワイヤレスイヤホンが市場に普及するためには、本格的な性能が必要です。

オン・セミコンダクターの超低電力の高分解能オーディオプロセッサLC823450のようなデバイスは、単4電池2個で120時間を超える再生時間を実現しており、さらに有線ヘッドホンと競い合い、多くの部分でその一角を崩すほどの性能を備えています。

この種のデバイスをイヤホンで使用することにより、32ビット、192 KHzの性能を達成し、小さな寸法にMP3エンコーダー、MP3、WMA、およびAACのデコーダ、さらにクラスDのオーディオアンプ、非同期サンプルレートコンバータ、6バンドのイコライザーを組み込むことができます。

高品質オーディオの熱狂的ファンは耳が肥えていて要求が厳しいため、ワイヤレスイヤホンが浸透するのは少し先になるかもしれません。しかし、多くの「平均的な」消費者は、有線のヘッドホンを自由で柔軟なワイヤレスイヤホンに喜んで置き換えるでしょう。

製品の詳細に関しては、こちらのウェブキャストをご覧ください。

 

コメントを投稿

Eメール・アドレスは公開されません。 *印は必須項目です

名前*

Eメール・アドレス *

コメント

Rating of Post

Cancel

Rating of comment

ON Semiconductor PCサイトを表示